三国志演義.com - やさしく読める三国志演義 -

王室に勤めんとして 馬騰義兵を挙げ 父の讐を報ぜんとして 曹操 師を興す

<主要登場人物>
李かく(りかく)・・・董卓の元配下。董卓の死後、献帝を弑しようとする
郭(かくし)・・・董卓の元配下。董卓の死後、献帝を弑しようとする
張済(ちょうさい)・・・董卓の元配下。董卓の死後、馬超らと戦うが、樊稠が殺されるのを見て一人弘農へ帰った。
樊稠(はんちゅう)・・・董卓の元配下。董卓の死後、韓遂らと戦うが、同郷の誼で見逃したところ、反逆者と見なされ、李かく、郭に殺される。
献帝(けんてい)・・・董卓の死後、李かくら四名に脅迫され、官職を与える
王允(おういん)・・・董卓を死に追いやったが、李かくらに殺された
朱儁(しゅしゅん)・・・李かくらが人望を得る目的で朝廷に招いた
馬騰(ばとう)・・・李かくらを滅ぼすため兵を挙げる
韓遂(かんすい)・・・李かくらを滅ぼすため兵を挙げる
賈く(かく)・・・李かくらの参謀
李蒙(りもう)・・・李かくらの将軍。馬超に生け捕りにされ首を落とされた
王方(おうほう)・・・李かくらの将軍。馬超に刺し殺された
馬超(ばちょう)・・・馬騰の息子で、若くして勇猛さを持ち合わせる
曹操(そうそう)・・・黄巾賊討伐を命じられ、多くの兵士を得た。また、賢士、猛将を広く招き、勢力を増していった
荀ケ(じゅんいく)・・・袁紹に仕えていたが、彼の器の小ささに見切りを突け、曹操の元に馳せ参じた文官

荀攸(じゅんゆう)・・・荀ケと共に曹操の下についた文官
程c(ていいく)・・・荀ケに推挙されて曹操の下に仕えた文官
郭嘉(かくか)・・・程cに推挙されて曹操の下に仕えた文官
劉曄(りゅうよう)・・・郭嘉に推挙されて曹操の下に仕えた文官
満寵(まんちょう)・・・劉曄に推挙されて曹操の下に仕えた文官
呂虔(りょけん)・・・劉曄に推挙されて曹操の下に仕えた文官
毛かい(もうかい)・・・満寵、呂虔に推挙されて曹操の下に仕えた文官
于禁(うきん)・・・曹操の下に馳せ参じた武将
夏侯惇(かこうとん)・・・曹操の最も信頼する武将の一人
典韋(てんい)・・・夏侯惇に推挙されて曹操の下に仕えた武将
曹嵩(そうすう)・・・曹操の父親。張がいに殺害される
陶謙(とうけん)・・・徐州の責任者。張がいが曹嵩を殺害したことで、曹操に攻め込まれる
張がい(ちょうがい)・・・曹嵩一族を殺害し、財宝を持ち逃げした
陳宮(ちんきゅう)・・・曹操に徐州蹂躙を止めるよう申し出たが、怒りを買い追い出された
曹豹(そうひょう)・・・陶謙の武将。夏侯惇と討ち合う

 

<概要>
李かくらは献帝に不相応な官職を要求し、朝廷を牛耳った。馬騰、韓遂、馬超らは李かくらを滅ぼすため戦いを挑むが、決着がつかないまま引き揚げた。そんな折、黄巾賊が再び各地で暴れだしたとの報が入り、曹操が討伐に当たることになった。また、曹操は多くの賢士、猛将を集め、勢力を増していた。その後曹操の父親曹嵩が、陶謙の部下張がいに殺害されると言う事件が起こった。怒り心頭の曹操は徐州に攻め込み地を屍で埋め天を炎で焦がす勢いで蹂躙した。陶謙は自らの命と引き換えに曹操に許しを得ようとするが、それを止める者があった。さてどうなるか。

三国志演義 第十回 - 其の一

さて、逆賊李かく(りかく)、郭(かくし)は献帝(けんてい)を弑しようとしたが、張済(ちょうさい)、樊稠(はんちゅう)がこれを諫め、「今はまだその時期ではない。今日この場で殺したりしたら他の連中が黙っていないだろう。まずは帝の忠臣を片付けてから始末すれば、天下は我々の物になるというものだ」李かく、郭...

≫続きを読む

三国志演義 第十回 - 其の二

李かく、郭は李蒙、王方共に敗れたと聞いて、初めて賈くの先見の明を信じ、以降彼の策を重んじてひたすら防御を固め、馬超が挑戦してきても応じなかった。すると賈くの読みの通り、馬騰、韓遂軍は二ヶ月と持たず兵糧が尽き、やむを得ず敗走した。李かく、郭は張済、樊稠に命じて追撃させた。張済は馬超が死に物狂いで戦...

≫続きを読む

三国志演義 第十回 - 其の三

荀ケが曹操に程c(ていいく)、字は仲徳(ちゅうたつ)を推挙すると、曹操は喜んで彼を迎え入れた。程cは荀ケに郭嘉(かくか)、字は奉孝(ほうこう)を推挙した。荀ケは、「これはとんと失念をしておりました」と言うと、早速曹操に報告して彼を招き、ともに天下の事を論じあった。今度は郭嘉が劉曄(りゅうよう)、字は...

≫続きを読む

三国志演義 第十回 - 其の四

張がいは手下の主だったものを人気の無いところに呼び出していった。「俺達は元々は黄巾賊の残党だ。今はいくところが無く陶謙の下に付いているものの、いい事など何一つありゃしねえ。ちょうど曹一族の荷物が山ほどある。ここは曹一族を皆殺しにしてお宝を山分けして、山賊に戻ろうじゃないか」一同は揃って賛同した。暴風...

≫続きを読む