三国志演義.com - やさしく読める三国志演義 -

<主要登場人物>
糜竺(びじく)・・・陶謙の補佐官。孔融に加勢を求めるよう献策する
陶謙(とうけん)・・・徐州の責任者。張がいが曹操の父曹嵩を殺したことにより、大いに恨みを買い攻め込まれる。後に劉備に領地を譲ろうとする
陳登(ちんとう)・・・陶謙の配下。助勢を求める為奔走する
孔融(こうゆう)・・・北海の地の責任者。陶謙の救援を求める書状を受け取り、協力を約束するが折り悪く賊に攻め込まれ身動きが出来なくなる
太史慈(たいしじ)・・・母親が孔融に世話を受けており、恩を返すために単騎救援に乗り込んだ
劉備(りゅうび)・・・孔融に助勢を頼まれ駆けつける。孔融、陶謙と救うが、陶謙に領地を譲ると申し出られて断る
関羽(かんう)・・・劉備の義弟。一騎当千の猛将
張飛(ちょうひ)・・・劉備の義弟。一騎当千の猛将
張がい(ちょうがい)・・・元陶謙の部下。曹操の父曹嵩を殺し、財産を奪って逃亡した
公孫さん(こうそんさん)・・・劉備に頼まれて兵と趙雲を貸し出す
劉よう(りゅうよう)・・・太史慈を招いた人物
趙雲(ちょううん)・・・公孫さんの配下。劉備と別れがたい縁を感じている
于禁(うきん)・・・曹操の大将の一人
郭嘉(かくか)・・・曹操の幕僚の一人
呂布(りょふ)・・・当世随一の猛将。えん州を奪う

李かく(りかく)・・・都を我が物にする悪漢
郭(かくし)・・・都を我が物にする悪漢
袁術(えんじゅつ)・・・呂布が身を寄せようとするが、彼が義父を二人殺したことを嫌い受け入れなかった
袁紹(えんしょう)・・・呂布を受け入れるが、彼の態度が甚だしく悪い為、殺害を計画した
張楊(ちょうよう)・・・呂布を受け入れるが、李かく、郭より彼を殺害するよう命じられる
張ばく(ちょうばく)・・・張楊の元を去った呂布が頼った人物
陳宮(ちんきゅう)・・・張ばくをたきつけ、えん州攻略をさせる
荀ケ(じゅんいく)・・・曹操の幕僚の一人
程c(ていいく)・・・曹操の幕僚の一人
曹仁(そうじん)・・・曹操の大将の一人
張遼(ちょうりょう)・・・呂布の大将の一人
臧覇(ぞうは)・・・呂布の大将の一人
楽進(がくしん)・・・曹操の大将の一人
夏侯惇(かこうとん)・・・曹操の大将の一人
于禁(うきん)・・・曹操の大将の一人
曹洪(そうこう)・・・曹操の大将の一人

李典(りてん)・・・曹操の大将の一人
毛かい(もうかい)・・・曹操の大将の一人
呂虔(りょけん)・・・曹操の大将の一人
典韋(てんい)・・・曹操の大将の一人
高順(こうじゅん)・・・呂布の大将の一人
魏続(ぎぞく)・・・呂布の大将の一人
侯成(こうせい)・・・呂布の大将の一人

 

<概要>
曹操に攻め込まれた陶謙は孔融に助けを求める。孔融は協力を約束するが、賊に攻め込まれ身動きがままならなくなった。そんな折、太史慈が単騎協力に訪れたので、彼に頼んで劉備に助けを願うこととした。劉備は賊を蹴散らし、孔融を助ける。そこで徐州救援を頼まれ、公孫さんに請い兵と趙雲を借り受け徐州に駆けつける。

 

その頃曹操軍では本拠地であるえん州に呂布が攻め込んできたと報せがもたされ、軍を退いて対策にあたった。

 

徐州では陶謙が劉備の徳の高いのを見て、徐州の後をついで欲しいと言い出した。劉備は義を理由に断る。しかし陶謙の思いは強く、せめて小沛に留まって欲しいと願い出て、劉備はこれを受け入れた。

 

曹操は呂布を勇はあっても策の無い男と侮ってえん州奪回に攻め込むが、呂布の武勇凄まじく、典韋に救われ逃げようとしたところを、追いつかれる。さてどうなるか。

三国志演義 第十一回 - 其の一

さてここで献策をしたのは姓は糜(び)名は竺(じく)字は子仲(しちゅう)である。陶謙(とうけん)の補佐官だが、この時次のように進言した。「それがし孔融(こうゆう)殿に加勢を求めてまいりましょう。他に誰か加勢を頼みに遣わし、この軍が到着いたしましたら、曹操は必ず兵を引くでしょう」陶謙はこの策を受け入れ、...

≫続きを読む

三国志演義 第十一回 - 其の二

太史慈は、「それがしに精兵一千をお貸し下されば、打って出て賊を蹴散らしてみせましょう」と言う。孔融は、「そなたの勇敢な事はよく知っているが、賊の数は非常に多い。軽々しく出るのは控えた方がいいだろう」「母は殿のご恩に感じてそれがしを遣わしました。この囲みを解くことができなければ、それがし母に合わせる顔...

≫続きを読む

三国志演義 第十一回 - 其の三

劉備は、「陶謙殿は仁義を知るお方。このような筋違いの咎を受けるとは、思いも寄らないことです」と答えた。すると孔融は、「劉備殿は漢皇室に連なるお方です。曹操が人民を苦しめ、弱者を苦しめる今、それがしと共に加勢に参っていただけるお気持ちはございませんか」「わたくし、勿論その気持ちはありますが、なにぶん手...

≫続きを読む

三国志演義 第十一回 - 其の四

孔融は大いに喜んだ。この日、劉備と張飛は騎馬兵一千を率いて曹操の陣に斬りこんだ。突き進むうち、一人の大将が劉備らの前に立ちはだかった。誰であろう于禁(うきん)である。「愚か者どのが。どこへ行くつもりだ」と大声に叫ぶ。張飛はこれを見て問答無用で討ちかかる。両者渡り合って数合するとき、劉備が兵に命じてど...

≫続きを読む

三国志演義 第十一回 - 其の五

曹操が何事かと訪ねると、呂布(りょふ)がえん州を破り、続いて濮陽(ぼくよう)を取ったとの知らせだった。そもそも、呂布は李かく(りかく)、郭(かくし)の乱に遭って長安から逃れ、袁術(えんじゅつ)の元に身を寄せようとしたが、袁術は呂布が立て続けに義父を殺したことを嫌って受け入れなかった。続いて袁紹(え...

≫続きを読む

三国志演義 第十一回 - 其の六

劉備は慌てて、「いやいや、わたくしが徐州の救援に参じたのは、義の為でござった。それを今、そのような大任を奪い取るような真似をすれば、わたくしは天下の人々から義を知らぬ輩と謗られることでございましょう」そこで糜竺が、「今や漢王室は衰えて天下はことごとく乱れ、功を立て業を立てるのは正にこの時にあると思わ...

≫続きを読む

三国志演義 第十一回 - 其の七

しかし陳宮が急いで止めた。「呂布様はえん州を棄てて、どこへ行かれようと言うのですか」「わし出陣して、曹操を打ち負かすつもりだ」「それはいけません。その策ではとてもえん州を守りきることは出来ません。これより南へ百八十里行った泰山の山間に精鋭一万を伏兵として潜ませるのがよろしい。曹操の軍はえん州が破れた...

≫続きを読む

三国志演義 第十一回 - 其の八

「それがし今日、山上より眺めましたところ、濮陽の西に呂布の砦があり、兵もたいした数とは見えませんでした。今夜はやつらの武将も我が軍の敗戦に気を良くして必ずや備えを怠るでしょう。この機に兵を出して討つべきと存じます。もしその砦を手に入れることが出来れば、呂布の軍勢が狼狽するのは目に見えています。これこ...

≫続きを読む