三国志演義.com - やさしく読める三国志演義 -

陶恭祖 三たび徐州を譲り 曹孟徳 大いに呂布と戦う

<主要登場人物>
曹操(そうそう)・・・呂布を破り、山東一帯を治めることとなった
夏侯惇(かこうとん)・・・曹操の最も信頼する大将の一人
呂布(りょふ)・・・猛将でありながら、義に薄情で傲慢さが目立つ為、次第に居場所を失っていく
典韋(てんい)・・・曹操の猛将の一人
陳宮(ちんきゅう)・・・呂布の参謀
劉曄(りゅうよう)・・・曹操の参謀の一人
曹洪(そうこう)・・・曹操の猛将の一人
夏侯淵(かこうえん)・・・曹操の猛将の一人
李典(りてん)・・・曹操の猛将の一人
楽進(がくしん)・・・曹操の猛将の一人
張遼(りょうりょう)・・・呂布の大将の一人
臧覇(ぞうは)・・・呂布の大将の一人
曹性(そうせい)・・・呂布の大将の一人
郭嘉(かくか)・・・曹操の参謀の一人
陶謙(とうけん)・・・徐州の責任者。病を得て、劉備に領地を譲ろうとするが断られる。

糜竺(びじく)・・・陶謙の参謀
陳登(ちんとう)・・・陶謙の参謀
劉備(りゅうび)・・・陶謙の遺言に動かされ、徐州を預かることを約束する
関羽(かんう)・・・劉備の義兄弟
張飛(ちょうひ)・・・劉備の義兄弟
孫乾(そんけん)・・・陶謙の死に目にあたり、劉備の補佐をするよう推薦される
荀ケ(じゅんいく)・・・曹操の参謀の一人
何曼(かまん)・・・截天夜叉(せつてんやしゃ)の肩書きを持つ黄巾賊の残党
許ちょ(きょちょ)・・・曹操軍が黄巾賊の残党を追う際に立ちふさがり、曹操に見初められて配下に下る
程c(ていいく)・・・曹操の参謀の一人

 

<概要>
濮陽を巡って対立する曹操と呂布。曹操は陳宮の火計の策にはまり、大火傷を負う。そこで曹操は『曹操死す』の流言を流させ、呂布の油断を誘う。

 

さてその頃、徐州の責任者である陶謙が劉備に領地を譲ろうとしていた。劉備はかたくなに辞退したが、陶謙が死すと仮に徐州を預かることとした。

 

それを伝え聞いた曹操は、自らの報復も終わっていない内に劉備が領地を掠め取ったとして、徐州を攻める覚悟を決める。しかしそれを荀ケに諫められ、まず黄巾賊の残党を打ち倒し、兵糧その他を徴収することとした。賊の残党どもは曹操の敵ではなかったが、典韋と互角に渡り合う偉丈夫が現れる。曹操は彼を策をもって捕らえると、配下に加わるよう誠意を持って説き伏せた。偉丈夫こと許ちょはこうして曹操軍に従った。

 

さて、曹操はえん州の城ががら空きであることを知ると、これを取った。更に兵を進め濮陽に攻め込んだ。呂布が打ってくるものの、曹操の猛将六将をもってこれを退ける。
しかし呂布も武名響いた武人、勝負を諦めず次なる手を打つ心意気。さてどうなるか。

三国志演義 第十二回 - 其の一

曹操(そうそう)が慌てて馬を駆けたとき、真南より一隊の軍勢が到着した。夏侯惇(かこうとん)が手勢を率いて駆けつけたのである。夏侯惇は呂布(りょふ)を相手に奮闘した。暮れ方になるとたらいを覆したような豪雨となったので、互いに軍を引いた。曹操は陣屋に戻ると典韋(てんい)を厚く賞した。さて呂布は陣屋に引き...

≫続きを読む

三国志演義 第十二回 - 其の二

「退け」曹操が怒鳴った時、四方の門から天を焦がさんばかりの火の手が上がり、銅鑼、太鼓が一斉に鳴って鬨の声が辺りを埋め尽くす。そこへ東から張遼(ちょうりょう)、西から臧覇(ぞうは)が討って出て、両側から挟みこんでくる。北門を目指して走ると、曹性(そうせい)らが討って出て、切り込んでくる。慌てて南門に走...

≫続きを読む

三国志演義 第十二回 - 其の三

「それではただちに手を打ちましょう」と郭嘉(かくか)が言えば、曹操は、「敵の策の裏をかいてやるのだ。わしが火傷で死んだと言いふらせば、呂布は必ず兵を率いて攻めてくるだろう。わしは山中に兵を伏せておいて、奴らが半ば通ったところを一挙に叩いてくれる。そうすれば、呂布を生け捕りに出来ようぞ」「まことに良計...

≫続きを読む

三国志演義 第十二回 - 其の四

人々は嘆き悲しんだ後に、徐州の責任者が持つ官印を劉備に捧げたが、劉備は固く辞して受け取らなかった。翌日、徐州の人民たちが役所の前にむらがり、涙ながらに「劉備様が徐州をお治めくださらねば、わたしたちはとても安心して暮らせません」と訴えた。関羽、張飛からも再三勧められて、劉備はやっと徐州を預かることを承...

≫続きを読む

三国志演義 第十二回 - 其の五

何曼は大声で叫んだ。曹洪がこれに応じて薙刀を持って斬り結ぶこと四、五十合に及んだが、一向に勝負がつかない。これでは決着がつかないと、曹洪は一案を計じて偽って逃げて見せれば、何曼がこれを追いかける。曹洪は何曼の油断を誘うと、振り向き様に一刀両断に斬り殺した。李典が勢いに乗って馬を踊らせ敵陣に突っ込み、...

≫続きを読む

三国志演義 第十二回 - 其の六

曹操が帰陣すると、曹仁、夏侯惇が言うのには、えん州の兵士達は皆城外に出払って略奪に及んでおり、城は空になっているため、この機に攻めれば城を落とすことが出来るとの事だった。曹操はただちに軍勢を率いてえん州に殺到した。えん州兵は虚を衝かれて城外に出陣した。許ちょが、「それがし敵将を捕らえてみせましょう」...

≫続きを読む