三国志演義.com - やさしく読める三国志演義 -

賈文和 敵をはかって勝を決し 夏侯惇 矢を抜いてまなこをくらう

<主要登場人物>
賈く(かく)・・・張しゅうの参謀。曹操の策を見破り、追撃戦も読み通りに進める
曹操(そうそう)・・・英雄の一人。賈くの策により張しゅう、劉表討伐戦に敗れる。また、呂布討伐を計るが、事の途中で露見する
張しゅう(ちょうしゅう)・・・董卓の配下だった叔父の志をついで曹操と戦う
劉表(りゅうひょう)・・・張しゅうと手を結び曹操と戦う
孫策(そんさく)・・・曹操の策で兵を出すも、戦に至らなかった
黄祖(こうそ)・・・劉表の武将
典韋(てんい)・・・曹操の武将。張しゅうの夜討ちから曹操を守り死亡した
曹昂(そうこう)・・・曹操の長子。張しゅうの夜討ちの際、曹操に馬を譲り死亡した
荀ケ(じゅんいく)・・・曹操の参謀
袁紹(えんしょう)・・・曹操が不在の隙を狙って許都を攻めようとするが、曹操の帰陣が早かった為、公孫さんを攻めることに切り替えた
李道(りつう)・・・曹操の武将
郭嘉(かくか)・・・曹操の参謀。曹操が袁紹と戦うにあたり、十の勝因を挙げる
公孫さん(こうそんさん)・・・袁紹が攻め入ろうと企てる
呂布(りょふ)・・・猛将だが、義に薄く利に惑う性質で諸侯から嫌われる
劉備(りゅうび)・・・英雄の一人。曹操と協力して呂布討伐を計るものの、露見する

陳珪(ちんけい)・・・息子と協力して呂布を言葉巧みに操る
陳登(ちんとう)・・・劉備を主君と仰ぎ、そのため父と協力して呂布を言葉巧みに操る
陳宮(ちんきゅう)・・・呂布の参謀
張遼(ちょうりょう)・・・呂布の武将。関羽に呂布に仕えることの非を問い質され、恥じて退く
孫乾(そんけん)・・・劉備の配下
簡雍(かんよう)・・・劉備の配下
荀攸(じゅんゆう)・・・曹操の参謀
袁術(えんじゅつ)・・・帝を名乗るが、諸侯に破れ逃げ帰る
夏侯惇(かこうとん)・・・曹操の武将。左目を射抜かれ隻眼となる。
夏侯淵(かこうえん)・・・曹操の武将

 

<概要>
賈くの策で曹操は一時撤退したが、荀ケから袁紹が兵を起こして許都を侵略しようとしているとの報せが入り、即時引き揚げる事とした。賈くが止めるのを聞かず後を追う張しゅうと劉表は賈くの忠告通り大敗する。すると賈くは今度は勝てるのでもう一度追えと言う。張しゅうはその言葉に従い再度曹操軍を追うと、賈くの言通り大勝した。二人は賈くの見識の高さに感服し、それぞれ陣を引き払った。

 

袁紹は許都を攻める気でいたが、曹操が思いもよらず早く帰陣したため、公孫さんを攻めることに変更した。曹操は袁紹を打ち平らげたいと郭嘉に計ると、郭嘉は十の勝因を挙げて曹操を励ます。しかし、袁紹より先に呂布を亡ぼすことが上策と進言し、曹操もこれを受け入れた。その為に劉備に呂布を討つよう書面を送り、劉備から返答がなされたが、この返答が呂布の部下に捕まり曹操と劉備の謀は露見する。
怒った呂布が大軍をもって劉備を攻めるが、劉備は城にこもって取り合わない。翌日、張遼が城を攻めたが、関羽より呂布に従うことの非を問い質され、恥じて退いた。

 

事が露見したことを知った曹操は自ら大軍を率いて呂布討伐に討って出た。先鋒の夏侯惇が左目を射抜かれながらも武将を打ち倒すも、呂布の軍勢すさまじく、曹操軍は散々に打ち崩された。さてどうなるか。

三国志演義 第十八回 - 其の一

さて賈く(かく)は曹操(そうそう)の作戦を見抜いたので、張しゅう(ちょうしゅう)に言った。「それがしが見たところ、曹操は東南角の城壁の痛みが激しいのをみて、そこから攻め込む腹に違いありません。必ずや闇夜に紛れて東南角から乗り込んでくるでしょう」「ではどうしたらよいのだ」「簡単なことです。選り抜きの兵...

≫続きを読む

三国志演義 第十八回 - 其の二

その時すでに劉表の軍勢は陣を構え、背後からは張しゅうの軍勢が迫ってきていた。曹操は夜の暗闇に紛れて山道を切り開き、伏兵を潜ませた。劉表、張しゅうの両軍は明け方合流したが、曹操の軍勢が少ないのを見て、曹操が少ない兵を率いて逃げたと思い、兵を率いて山間の道に攻め込んだ。そこを、曹操が伏兵を一気に出して散...

≫続きを読む

三国志演義 第十八回 - 其の三

さて曹操は先を急いでいたが、後詰が追撃を受けたとの報告に、急いで諸将を率いて加勢に駆けつけたところ、張しゅうは既に兵を退いた後であった。敗兵が、「もし山陰より駆けつけてくれた軍勢が支えてくれなければ、我らは皆手捕りとなっていたところでございます」と告げたので、曹操が急いでその人を召すと、曹操の前に現...

≫続きを読む

三国志演義 第十八回 - 其の五

呂布は陳宮らに命じ山賊らを配下に加え、曹操の領地に向かわせた。さらに張遼(ちょうりょう)らに劉備を襲わせた。呂布自らは中軍を率いて、火急の際に備えた。さて、張遼らが劉備攻略に向かっていることを知らせるものがあった。劉備が急いで臣下を集めて協議すると、孫乾(そんけん)が言った。「急いで曹操殿に急を告げ...

≫続きを読む

三国志演義 第十八回 - 其の四

曹操は笑って、「わしはとてもそれほどの器ではないわ」その言葉を受けて荀ケ、「郭嘉殿のご高説、それがし全く異論がありません。袁紹の軍勢など恐れるにたりません」郭嘉、「しかし、徐州の呂布(りょふ)は大層な厄介者。今袁紹が公孫さんを討伐する為北上する隙に、まず呂布を亡ぼして東南の地を治め、その後に袁紹討伐...

≫続きを読む