三国志演義.com - やさしく読める三国志演義 -

美髯公 千里を単騎で走り 漢寿候 五関に六将を斬る

<主要登場人物>
蔡陽(さいよう)・・・曹操の武将
関羽(かんう)・・・劉備の義兄弟。劉備の所在を知り、関所を破って膝下に急ぐ
曹操(そうそう)・・・英雄の一人 。天子を擁し実質朝廷の権限を握る
程c(ていいく)・・・曹操の参謀
丞相(じょうしょう)・・・ここでは曹操のこと
張遼(ちょうりょう)・・・曹操の武将
許ちょ(きょちょ)・・・曹操の武将
袁紹(えんしょう)・・・英雄の一人、判断力や胆力に欠ける
廖化 (りょうか)・・・黄巾族の成れの果て。劉備の妻の危機を助ける
孫乾(そんけん)・・・劉備の武将
劉備(りゅうび)・・・英雄の一人。曹操軍に破れ袁紹を頼って逃げる
夏侯惇(かこうとん)・・・曹操の武将

 

<概要>
関羽の振る舞いが無礼だと進言する幕僚の意見を退け、かえって忠義者だと曹操は評価する。関羽は兄嫁と共に道中を急ぐが、袁紹のもとに訪れる旨の札を持っていなかったため、関所で守衛の武将と押し問答になる。結果、五つの関所を破り六人の武将を斬ることとなった。これに怒った夏侯惇が関羽を追いかけてくる。さてどうなるか。

三国志演義 第二十七回 - 其の一

蔡陽(さいよう)が関羽(かんう)を追おうとしたのを、曹操(そうそう)は、「旧主を忘れず立ち去り際を明らかにするやりよう、まことに見事じゃ。そちたちも見習うように」と言って、蔡陽を叱責し、追討ちを許さなかった。程c(ていいく)が、「丞相(じょうしょう)の厚い待遇にも関わらず、暇乞いにも参上せず、無礼な...

≫続きを読む

三国志演義 第二十七回 - 其の二

曹操が帰り、関羽は車の後を追って三十里あまり赤兎馬を走らせたが、一向に姿が見つからない。そんな折不意に山頂より声が掛かった。「関羽将軍、お待ちください」見上げると、黄巾族の装いをした若者が、歩兵百人ほどを引き連れて駆け下りてきた。「何者だ」と関羽が尋ねると、「それがしは姓は廖(りょう)、名は化(か)...

≫続きを読む