三国志演義.com - やさしく読める三国志演義 -

いつわりの詔発せられて 諸鎮 曹公に応じ 関兵を破って 三英雄 呂布と戦う

<主要登場人物>
陳宮(ちんきゅう)・・・曹操を殺そうとするが、思い直し一人旅立つ
曹操(そうそう)・・・偽の詔を発し、各地の英雄を集める
董卓(とうたく)・・・残虐非道な行いで、帝と人民を苦しめる
衛弘(えいこう)・・・巨万の財を持ち、義のためには金を惜しまぬ人物
楽進(がく(しん)・・・曹操の下に馳せ参じてきた人物の一人
李典(りてん)・・・曹操の下に馳せ参じてきた人物の一人
夏侯惇(かこうとん)・・・曹操の下に馳せ参じてきた人物の一人。曹操の従兄弟
夏侯淵(かこうえん)・・・曹操の下に馳せ参じてきた人物の一人。曹操の従兄弟
曹仁(そうじん)・・・曹操の下に馳せ参じてきた人物の一人。曹操の従兄弟
曹洪(そうこう)・・・曹操の下に馳せ参じてきた人物の一人。曹操の従兄弟
袁紹(えんしょう)・・・曹操の偽の詔に応じて参じた英雄の一人。反董卓軍の盟主となる
公孫さん(こうそんさん)・・・曹操の偽の詔に応じて参じた英雄の一人。劉備らを味方にする
劉備(りゅうび)・・・漢皇室の末裔。公孫さんと共に戦いに身を投じる
関羽(かんう)・・・劉備の義兄弟。華雄(かゆう)を斬る
張飛(ちょうひ)・・・劉備の義兄弟

王匡(おうきょう)・・・曹操の偽の詔に応じて参じた英雄の一人
袁術(えんじゅつ)・・・曹操の偽の詔に応じて参じた英雄の一人。袁紹の弟分
孫堅(そんけん)・・・曹操の偽の詔に応じて参じた英雄の一人。先陣を切る
華雄(かゆう)・・・董卓に仕える猛将。関羽に斬られる
程普(ていふ)・・・孫堅の配下
黄蓋(こうがい)・・・孫堅の配下
韓当(かんとう)・・・孫堅の配下
祖茂(そも)・・・孫堅の配下。孫堅の身代わりとなり斬られる
李粛(りじゅ)・・・董卓の参謀
顔良(がんりょう)・・・袁紹に仕える猛将
文醜(ぶんしゅう)・・・袁紹に仕える猛将
呂布(りょふ)・・・董卓の義息
李かく(りかく)・・・董卓の配下
郭(かくし)・・・董卓の配下
樊稠(はんちゅう)・・・董卓の配下
張済(ちょうさい)・・・董卓の配下

 

<概要>
陳宮は曹操を殺そうとしたが、思い直し立ち去った。曹操は陳宮の心理を察し、単身父親の元を訪れ、家財を投げ出して義兵を募りたいと伝えると、衛弘を紹介される。衛弘は財産を投げ出し曹操に協力した。曹操は偽りの詔を発し、各地から英雄を集めた。

 

曹操の檄文に応じて参戦しようと向かう公孫さんは、道中で劉備、関羽、張飛に出会う。劉備らは公孫さんの一行に伴をした。

 

曹操は同盟軍の盟主を立てようと提案し、袁紹が盟主となった。そして先陣を孫堅に任せた。董卓軍は先陣を華雄が務めた。孫堅は初戦を勝ち戦で進めたが、袁術の妬みにあい、兵糧を絶たれた為敗戦した。他の者では華雄にかなう者などいない。そこで関羽が名乗り出た。関羽は曹操に勧められた熱い酒が冷える前に華雄を討ち取った。
董卓軍は華雄死すの報に、董卓じきじきに呂布を引き連れ出陣した。呂布の猛将ぶりはすさまじく、劉備、関羽、張飛の三人がかりでも倒せない。そこで張飛が董卓を見つけ、頭を潰そうと乗り出す。さてどうなるか。

三国志演義 第五回 - 其の一

さて陳宮(ちんきゅう)は今にも曹操(そうそう)を殺そうとしたが、内心「わしは国のために彼に従ってここまで来たのだ。ここで曹操を殺せば義が立たなくなる。ええい、こやつを棄てて他へ行こう」と思い直し、剣を収めるとそのまま一人立ち去った。朝になり曹操が眼を覚ますと陳宮が居ない事にことに気が付き、「あの男は...

≫続きを読む

三国志演義 第五回 - 其の二

劉備が関羽、張飛を従えて公孫さんと共に到着すれば、曹操は快く迎え入れた。その外にも諸侯が続々と到着した。曹操は彼らを集めて軍議を行なった。王匡(おうきょう)が、「今大義の兵を起こすからには、盟主を立てるべきと存ずる」と言えば、曹操は「袁紹殿が盟主にふさわしい方と存ずる」と答える。袁紹は再三辞退したが...

≫続きを読む

三国志演義 第五回 - 其の三

華雄の副将が討って出れば、孫堅側は程普が打って出て、数合と打ち合わず突き殺す。勢いづいた孫堅が兵士を率いて水関に殺到すれば、関の上から矢や石が雨のように降りかかる。孫堅は兵を退けて袁紹に勝ち戦を報告すると共に、袁術に兵糧を催促した。しかし袁術の配下の者が、「孫堅は屈強の者にございます。もし彼が董卓...

≫続きを読む

三国志演義 第五回 - 其の四

一同が振り向けば、そこに居るのは関羽である。公孫さんが、「こやつは劉備の弟で関羽と申す者です」袁紹が関羽の職を聞けば換羽は弓兵の職を答える。すると袁紹は、「こやつ、弓兵風情が大言を吐くか。控えておれ」と怒鳴り返す。そこで曹操が急いでとりなし、「袁紹殿お待ちください。この者ここまでの大言を吐く上には相...

≫続きを読む