三国志演義.com - やさしく読める三国志演義 -

きんけつをやいて 董卓 兇を行ない 玉璽をかくして 孫堅 約に背く

<主要登場人物>
劉備(りゅうび)・・・漢皇室の血を引く英雄。対董卓戦で活躍する
関羽(かんう)・・・劉備の義兄弟。対董卓戦で活躍する
張飛(ちょうひ)・・・劉備の義兄弟。対董卓戦で活躍する
董卓(とうたく)・・・残虐非道な行いで、帝と人民を苦しめる
孫堅(そんけん)・・・伝国の玉璽を手に入れる
程普(ていふ)・・・孫堅の配下
黄蓋(こうがい)・・・孫堅の配下
袁術(えんじゅつ)・・・袁紹の弟分
李かく(りかく)・・・董卓の配下で、董卓の娘と孫堅の息子の縁組みを申し出て、孫堅の怒りを買う
呂布(りょふ)・・・董卓の義息
楊彪(ようひゅう)・・・董卓の遷都に異を唱えるが、受け入れられない
李儒(りじゅ)・・・董卓の参謀
曹操(そうそう)・・・董卓が逃げた機に単独追いかけるが、返り討ちに遭う
夏侯惇(かこうとん)・・・曹操の配下。従兄弟でもある
夏侯淵(かこうえん)・・・曹操の配下。従兄弟でもある

郭(かくし)・・・董卓の配下
曹仁(そうじん)・・・曹操の配下。従兄弟でもある
曹洪(そうこう)・・・曹操の配下。従兄弟でもある
袁紹(えんしょう)・・・反董卓軍の盟主
顔良(がんりょう)・・・袁紹の猛将
文醜(ぶんしゅう)・・・袁紹の猛将
公孫さん(こうそんさん)・・・袁紹に見切りをつけて故郷へ帰る
劉岱(りゅうたい)・・・えん州の責任者
劉表(りゅひょう)・・・荊洲(けいしゅう)の責任者。袁紹より、孫堅の玉璽を奪うよう命を受ける
かい越(かいえつ)・・・劉表の配下
蔡瑁(さいぼう)・・・劉表の配下

 

<概要>
張飛は董卓を追ったが、矢や石を降り注がれ仕方なく引き返した。反董卓軍の諸侯は劉備、関羽、張飛の功績を讃えた。
孫堅は袁術に向かって先に兵糧を送らなかった旨を攻めた。袁術は反論も出来ず詫びた。
その頃董卓から孫堅へ縁組の申し入れがあった。孫堅は大いに怒り、使者を追い返した。
董卓は怒ったが、兵力が落ち込んでいる為、戦うのを避けて遷都を行なった。遷都の際には人民から財産を取り上げ、前帝やその妃の墓を暴いて財宝を奪い去った。更にそれまでの都洛陽に火をつけるという悪逆非道の行い。
洛陽にたどり着いた孫堅は火災を消し止める作業を行なった。

 

さてその頃、曹操は袁紹に今こそ董卓を追いかけ止めを刺す機会だと訴えたが、聞き入れなかった。そこで単軍で董卓を追った。しかし李儒の策と呂布の勇猛に阻まれ大敗した。

 

洛陽の復旧を行なっていた孫堅だが、ある時伝国の玉璽(天子の印)を手に入れた。これを持って引き揚げようとしたところ、袁紹に密告する者があり、袁紹から責め立てられた。孫堅は急いで陣を引き払い洛陽を離れた。袁紹は劉表に孫堅を阻むよう指示した。孫堅は劉表に取り囲まれた。さてどうなるか。

三国志演義 第六回 - 其の一

さて張飛(ちょうひ)は馬を飛ばして虎牢関(ころうかん)の下まで迫ったが、関の上から矢や石を降り注がれ、やむなく引き返した。諸侯らは劉備(りゅうび)、関羽(かんう)、張飛(ちょうひ)の功績をたたえ、袁紹(えんしょう)へ勝利を報告した。報告を得た袁紹は、孫堅(そんけん)に兵を進めるように指令した。孫堅は...

≫続きを読む

三国志演義 第六回 - 其の二

「わしは天下のためを思っているのだ。人民などどうなろうと知ったことではないわ」と、即日楊彪ら反対意見を述べた者たちを罷免した。その上でさらに反対する者は処刑し、遷都の命令を出し、翌日出発した。李儒(りじゅ)が、「只今軍用金や食糧が不足しておりますが、洛陽にはゆたかな者が沢山おりますので、これを機に財...

≫続きを読む

三国志演義 第六回 - 其の三

曹操は慌てて馬に乗り逃げようとするところを肩に矢を受けた。そのまま馬を駆り立てようとしたところを二人の兵士が一斉に曹操の馬を狙ってやりを突きたて、曹操は転げ落ちたところを捕らえられた。もはやこれまでと思われたところ、一人の大将が馬を飛ばしてくるなり二人の兵士を切り殺し、曹操を助け起こした。誰かと見れ...

≫続きを読む

三国志演義 第六回 - 其の四

「わしは貴公の病気を知っているぞ。伝国の玉璽の為だろうが」袁紹は笑うと、孫堅は顔色を失った。「な、何を言われる」「我々が今賊を得うとうとしているのは、国の為害を除こうとしての行いではないか。玉璽は朝廷の宝であり、これを手に入れた場合、当然盟主のわたしに預けられて、董卓を滅ぼした後宮廷にお返しするのが...

≫続きを読む