三国志演義.com - やさしく読める三国志演義 -

袁紹 ばんがに公孫と戦い 孫堅 江を超えて劉表を撃つ

<主要登場人物>
孫堅(そんけん)・・・劉表と争い、かい良の策にはまり絶命する
劉表(りゅうひょう)・・・袁術が兵糧を借りたいと言ってきたのを断った為、袁術の計略で孫堅に攻め込まれる
程普(ていふ)・・・孫堅の忠臣。孫堅の死後、孫策に仕える
黄蓋(こうがい)・・・孫堅の忠臣。孫堅の死後、孫策に仕える
韓当(かんとう)・・・孫堅の忠臣。孫堅の死後、孫策に仕える
袁紹(えんしょう)・・・元反董卓軍の盟主
逢紀(ほうき)・・・袁紹の配下。き州を攻略するよう進言する
公孫さん(こうそんさん)・・・袁紹に唆されてき州を攻めるが、利用されたことに気がつき袁紹と対峙する
顔良(がんりょう)・・・袁紹配下の猛将
文醜(ぶんしゅう)・・・袁紹配下の猛将
張ばく(ちょうばく)・・・き州の責任者が逃げ込んだ先
田豊(でんぽう)・・・袁紹の配下
沮授(そじゅ)・・・袁紹の配下
董卓(とうたく)・・・朝廷を牛耳る悪漢
趙雲(ちょううん)・・・袁紹の配下だったが、見限って公孫さんに従う。しかし劉備と出会い彼こそ主人に相応しいと知る

劉備(りゅうび)・・・公孫さんの学友。彼の危機に駆けつける
関羽(かんう)・・・劉備の義兄弟
張飛(ちょうひ)・・・劉備の義兄弟
李儒(りじゅ)・・・董卓の参謀
袁術(えんじゅつ)・・・劉表に兵糧の借入を断られたことを恨みに思い、孫堅を唆し劉表を倒そうとするが、失敗に終わる
かい良(かいりょう)・・・劉表の配下
黄祖(こうそ)・・・劉表の配下
孫策(そんさく)・・・孫堅の長男
孫権(そんけん)・・・孫堅の次男
蔡瑁(さいぼう)・・・劉表の配下
桓階(かんかい)・・・孫堅の忠臣。孫堅の死後、その屍を取り戻すための使者となる

 

<概要>
孫堅は劉表に取り囲まれたが、兵の大半を失いながらも江東に逃げ帰った。これより孫堅と劉表は仇同士となる。

 

さて袁紹は兵糧に事欠くようになり、公孫さんを騙してき州を攻め込ませて、その機にき州を得ることに成功した。公孫さんは袁紹に約束通りき州を分けるよう弟を使わしたが、弟は殺された。公孫さんは大いに怒り、袁紹と戦いになった。しかし袁紹の配下の文醜に攻められ、あわやこれまでと思ったところに、趙雲が助けに入った。また、劉備、関羽、張飛も助けに駆け付け、公孫さんは一命を取り留めた。

 

その頃朝廷では李儒が董卓に、天子の詔を用いて袁紹と公孫さんを和解させ、恩を売るべきだと進言した。董卓はその策を取り入れ、袁紹と公孫さんはそれぞれ帰郷した。その際趙雲は劉備と離れがたく、また会う日を堅く誓い合った。

 

さて、袁術は劉表に兵糧の貸し入れを頼んだが断られたので、これを恨みに思い孫堅を唆し劉表を滅ぼそうとするが、孫堅は返り討ちに合い死亡する。孫堅の息子の孫策は生け捕りにした黄祖と引き替えに孫堅の屍を取り戻そうとするが、劉表の配下のかい良が反対をする。さてどうなるか。

三国志演義 第七回 - 其の一

さて孫堅(そんけん)は劉表(りゅうひょう)に取り囲まれたが、程普(ていふ)、黄蓋(こうがい)、韓当(かんとう)の三人の必死の働きに救われ、兵の大半を失いつつもなんとか江東に逃げ帰った。これより孫堅と劉表は敵同士になる。さて、袁紹(えんしょう)は次第に兵糧に事欠くようになった。き州の責任者はこれを見て...

≫続きを読む

三国志演義 第七回 - 其の二

その言葉が終わらない内に、文醜が馬を飛ばして槍を突きつけた。公孫さんは文醜と切っ先を交えたが、十合あまりして敵わず敗走した。文醜は勢いに乗って追いかけ、公孫さんが陣中へ走りこむのを追って本陣に突入し、縦横無尽に駆け散らす。公孫さんの勇将四人が一斉に迎え打つが、文醜にはまるで敵わない。文醜はひたすらに...

≫続きを読む

三国志演義 第七回 - 其の三

袁紹の護衛がとっさに弓を放とうとしたが、たちまち五、六人続けざまに突き倒されて、他の者は慌てて逃げ出した。背後から公孫さんの軍勢が現れて、袁紹を取り囲もうとする。それをみて田豊が、「殿、ひとまずあの物陰にお隠れください」と言えば、袁紹は兜を地面に叩きつけ、「男と生まれた限りは戦で果てるのは本望じゃ。...

≫続きを読む

三国志演義 第七回 - 其の四

さて、袁術(えんじゅつ)は袁紹がき州を手に入れたと伝え聞き、馬千頭を貰いたいと願い出た。しかし袁紹が断ったので、以来兄弟の仲が悪くなった。次に袁術は劉表に兵糧を貸してくれるよう申し出たが、これも断られたので、逆恨みした。袁術は孫堅に共に劉表を倒そうと密書を送った。孫堅は以前劉表に帰路を邪魔されたこと...

≫続きを読む