三国志演義.com - やさしく読める三国志演義 -

「三国志城博物館」への旅

行って参りました。山口県「三国志城博物館」!
筆者は大阪から広島を経由して徳山でJR山陽本線・岩国行きに乗り換えて、約五時間かけて岩田駅にたどり着き、タクシーで博物館へ向かいました。
因みにタクシー料金は1200円ほど。帰りはバスを使ったところ、200円でした。時間に余裕がある方はバスをご利用になられるのが賢いかもしれません。

 

風景
牧歌的な風景が連なります。

 

 

そしてついに博物館へ。

 

三国志城 看板
全力で孔明ファンであることを訴えている看板が出迎えてくれます。

 

 

博物館へ入るとまずお土産売り場に食堂といった変わった作りです。

 

関羽
お土産売り場でも関羽が大人気。
これでもか、と言わんばかりの鬼の形相が武者ぶりを現しています。

 

 

筆者が特に目を引かれたお土産はこれ。
赤兎馬
赤兎馬の焼酎です!これを飲めば千里も駆けられる!?

 

 

さて、館長さんが他のお客さんの接客中だったので、先にお昼ご飯を頂くことにしました。私が頂いたのは「曹操ラーメン+赤壁オプション」「周瑜名物うどん」。
まずは「曹操ラーメン+赤壁オプション」からです。
曹操ラーメン
曹操を名乗るからには鶏がらスープか梅干入りかと思っていましたが、普通の野菜たっぷりラーメンでした。赤壁オプションは辛口仕立てです。これぞ火計の味か!

 

 

周瑜名物うどんです。
周瑜名物うどん
どうやってイケメンっぷりを表現するかと思いましたが、こちらも野菜たっぷりで甘めのお出汁が優しい味の普通のおうどん。

 

 

こちらはサービスの華佗茶(かだちゃ)。
華佗茶
23種類の生薬などが含まれて身体に染みこむお味でした。

 

 

聞けば元々あった食堂メニューを、ファンの方が料理のイメージに合わせて名前をつけたのだとか。
因みにメニュー一覧は次の通りです。

 

・孔明チョイ辛ラーメン
・劉備蕎麦
・張遼冷麺
・呂布素麺
・曹操ラーメン
・許ちょラーメン
・周瑜名物うどん
・典韋肉うどん
・黄蓋かやくうどん
・張飛鍋焼きうどん
・関羽カレー
・五斗米道焼き飯
・関羽おむすび 又は おいなり
・白眉コーヒー
・月英アイスコーヒー

 

……言っていいですか?
孫権が……居ないよ……。
月英(孔明の奥さん)まで居るというのに!
ファンのみなさーん!今度メニューが増えた時は孫権を入れてあげてね!!

 

 

サイン
食堂には歴代総理大臣の色紙が飾られています。

 

 

それではいよいよ博物館探索へ。

 

闕
まず入り口を闕(けつ)が迎えてくれます。これは門のようなもので、装飾が家人の位を表しています。

 

 

復元図
続いて孔明にまつわる品々の復元図が展示されていました。
貴重な木牛流馬の図が見られたのは収穫でした。

 

 

長坂坡の闘い
長坂坡(ちょうはんは)の戦いの場面が大きな額に飾られていました。
蛇矛を構えた張飛がいかにも強そうです。

 

 

原本
三国志通俗演義の原本が!これはファン垂涎の品です。
国内でこれをお目にかかれるのはここしかないのではないでしょうか。

 

 

レプリカ1 レプリカ2
なんと木牛流馬のレプリカが展示されていました!
月英さんがお嫁に嫁ぐ時これに乗って行ったんだよな……と思うと感慨深いです。
(筆者は月英さん大好きです)

 

 

孔明
赤壁の戦いで東南の風を祈る孔明像です。大変大きく迫力満点でした。
孔明にあやかろうとお祈りをしていく人たちが絶えないようで、お賽銭箱がおいてありました。
筆者も私事ですがお祈りをしてきました。

 

 

赤壁
赤壁の戦いで逃亡する曹操です。背景には荒ぶる炎が天を舐めるように立ち上がり、曹操らは追いすがる兵士を叩き落として先に進んでいます。

 

 

出師表
出師表(すいしのひょう)の拓本です!これは孔明が北征に向かうにあたり、帝の劉禅に送った書簡の写しです。現在原本は本国中国で厳重保管されており、以後拓本を取る事はできないようです。現在国内外探しても、これが見られるのはここだけだとか。

 

 

さて、いかがでしたでしょうか「三国志城博物館」の旅は。この他にもここでしかお目にかかれない品々が数多く展示されておりました。
そちらは是非博物館に足を向けられてご覧下さい!

 

 

■三国志城博物館アクセス情報■
山口県光市塩田2585-1
tel (0820)48−4600
駐車場:有り(無料)

 

 

■入館料■
一般500円(400円)
中学生以下250円(200円)
※ ( )内は15名以上の団体料金

 

 

■アクセス■
JR山陽本線岩田駅より タクシー約5-10分、徒歩20-30分
山陽自動車道 熊毛ICより車で10-15分

 

 

■開館時間■
午前9時〜午後5時(展示場入館は午後4時半まで)

 

 

■休館日■
毎週木曜日(祝祭日を除く) 及び 年末の12月29日〜31日